コンテンツに進む

【送料無料】公式オンラインストア限定で送料無料キャンペーン実施中

店舗リスト 大切な方への贈りものに BULYTHÈQUE
Search Wishlist

ダークタワーでの一夜

1920年代のアメリカでは、クリエイティブなあらゆる分野でアフリカ系アメリカ人の文化が復活した時代。その中心は、ニューヨークのハーレムでした。それはまた、アフリカ系アメリカ人女性たちの才能が花開いた時代でもあり、彼女たちは長い間白人女性だけが持っていた美の掟から解放されたのです。奴隷の娘で、読み書きができず独学で学んだC・J・ウォーカーは、究極の象徴的存在として米国初の女性大富豪となりました。

この時代に生きたアフリカ系アメリカ人の若手作家ゾーラが心躍らせながら、一流の人々が集まるパーティに参加する様子を描いた物語をお楽しみください。

エピソード6

1927年、ニューヨークはハーレムの〈ダークタワー〉で開かれるパーティに招かれた将来有望な作家ゾラ・ニール・ハーストンが主人公。〈ダークタワー〉とは、その天才的なマーケティングの手腕により当時の美容界で大成功を収め、「喜びの女神」と称されたC・J・ウォーカーの自宅で開かれていた、知識人の集まるサロンの名称です。

ご聴取はこちら
Close Icon

をカスタマイズ

Soap
Liquid error (snippets/buly-personalisation-modal line 208): product form must be given a product